familyblog
夫婦、家族が幸せになるためのお役立ちブログ
育児

あなただけじゃない!育児中に生まれるママの承認欲求

こんにちは、MOMOです。

育児をしていると、誰かに認めてほしいという気持ちになることがありませんか?

私にもそういった感情がありました。というより、その感情の波は定期的に訪れます。

今回はそう感じた時に気持ちを落ち着かせる方法となぜそう感じてしまうのかについてまとめていきたいと思います。

あなただけじゃない!育児中に生まれるママの承認欲求

まずひとついえること。この記事にたどり着いたあなたは承認欲求が満たされず苦しい思いをしている最中かもしれません。

こんな気持ちになるのはわたしだけ?

他のママもみんな当たり前に頑張っていることなのだからこんなこと考えるのはいけないことなの?

そう感じているかもしれません。

しかし、たったひとつ断定的に言えることは、あなただけじゃないということ。

なぜ承認欲求がうまれるのか?

子どもの成長は嬉しいし笑顔を見ているととってもかわいくて癒されます。しかしその一方で大変なこともたくさんありますよね。

ママは毎日一瞬の休みなく赤ちゃんの小さな命を預かっています。

そのプレッシャーだけでなく、授乳してはおむつを替えて、赤ちゃんの機嫌がいいうちに掃除や洗濯や料理をしても結局赤ちゃんに泣いて呼ばれてうまいこと進められず・・・こんなもどかしさもあるのではないかと思います。

こうしたらうまく寝てくれた!と思って翌日同じことをしてもうまくいかなかったり・・・

正解がないのが育児の楽しいところでもありますが大変なところでもあります。

そんな大変な育児をしていると、ふと「こんなに頑張っているのに」「頑張っていることを誰かに認めてほしい」と思うようになるのではないでしょうか。

パパが育児に積極的だと「イクメンだね!」と褒められるのに、ママは「やって当たり前」と思われているところ、ありますよね。

これが、育児中のママの心に芽生える承認欲求につながるのではないかと思います。

育児中ママの承認欲求を満たす方法

経験者と話す

四六時中赤ちゃんと向き合ったことのある育児経験者と話すことで、ママは「この気持ちって間違ってないんだ」と思えるはずです。

私の場合、「こんな気持ちになるなんて私はメンヘラなのかしら・・・」なんて悩んだりもしましたが、先輩ママに悩みを打ち明けるととてもよく気持ちをわかってくれて救われました。

自分だけじゃないと思えると気持ちがとても楽になりました。

自分で自分をほめる

こんなに頑張っているんだから、自分で自分をほめてあげないと頑張れなくなってしまいますよ!

自己肯定感が低い方もいるかもしれませんが、赤ちゃんを一日中、そして毎日お世話することって本当にすごいことなので頑張っている自分を褒め称えましょう。

癒し時間をもらう

赤ちゃんとの生活は、ゆっくりお風呂に浸かる時間がないことがほとんどですよね。

パパが休みの日は赤ちゃんを見ていてもらってゆっくりお風呂に入る時間や整体に行ったりアロマを焚いたりする時間を作れるといいですね。

手を抜くことを覚える

悪い意味ではありません。赤ちゃんと、家族としっかり向き合うためには自分に余裕を持つことが大切です。

私は不器用なのであれもこれもちゃんとやらなきゃ!と思ってできない自分に自己嫌悪したり、なんでもやろうとしすぎて身体がついていかなくなったりしました。

そこで先輩ママに教わったのは、「急ぎではないことはやらない」「何もしない日があったっていい」ということです。

それまでは家事を休むことを悪いことのように感じていたのですが、義母に「なにもしない日があったっていい」と言われてとても気持ちが楽になりましたし、実際に少し家事を休んだら身体が楽になりました。

身体が楽になると心も軽くなり、承認欲求のことなんて考えなくなります。

でも結局一番大事なのは・・・

でも、いくら自分で自分を褒めても、限界がありますよね。

一番はやっぱり、パートナーに言葉に出して褒めてもらうことではないでしょうか。

褒めるというとすこしニュアンスがちがうかもしれませんが、「いつもありがとう」と言ってもらえるだけで頑張れてしまうものです。(だからといって頑張りすぎはよくないですよ!)

頑張ってねじゃない、だって十分頑張っているのだから。ママはそれを認めてほしいのだから。

我が家では夫が家事も育児もとても積極的に頑張ってくれていたので、仕事もある中、疲れている夫を見て「私のせいで・・・」と思ってしまい、自分がもっと頑張らなくては!と思い悪循環になってしまった時期がありました。

しかしある日、「娘の発達が順調なのはいつもママがお散歩に連れて行ってくれているからだね」と、日常的にしていることを具体的に褒めてくれたのです。

すると、認めてもらえたような嬉しさがあり、気持ちがとても晴れやかになりました。

いくら夫婦でも、思いのほか言わないと伝わらないことってたくさんあります。

褒めてほしいなら褒めてほしいって言ったっていいじゃないですか!

少し恥ずかしくても、自分が今どういう状況でどうしてくれたら助かるとか、もっともっと言葉にしていくと良いのではないでしょうか。

もうひとつ、本当の本当に大事なこと

そこに落ち着くのかい!と言われてしまいそうですが、今から本当の本当に一番大事なことをいいます。それは、「睡眠」「食事」です!

私は本当に、フィジカルとメンタルは一体なんだなと育児を通して実感しています。

心が沈んだり、いっぱいいっぱいになるのは、疲れているから!!!栄養が足りていないから!!!です!!!

本当にしんどくなったら、赤ちゃんが夜に眠りについたら他のことは一切せず赤ちゃんと一緒に眠りにつきましょう!

そして、栄養のある食事をしましょう!母乳育児をしているならなおさらです。母乳育児をしていると一日に水泳1時間分のエネルギーを消費しているらしいです。

それなのに、やせようとして食事制限なんてしていたら、枯渇してしまうのは目に見えていますよね。

「睡眠」と「食事」。私はこの二つを改善したら身体も心も健康になりました。

育児中のママは、寝ることも食べることも仕事です!ママが元気で笑顔だと赤ちゃんはもちろん、家族みんながハッピーになります。

家事をしないで寝ることは悪いことではありません!だって仕事なのですから!

ということで、ママは良く寝てよく食べることにもっと一生懸命になりましょう!

まとめ

自分で自分を認めることも大事だけど、やっぱりパートナーに認めてもらうことが何よりも満たされるのです。

そして、よく食べてよく寝ることもとっても大事です。

もしこれをイクメンパパが読んでくれていたら、今日から早速「いつも頑張ってくれてありがとう」「赤ちゃんがすくすく育っているのは君が頑張ってくれているからだね」と、労ってあげてください。

そして、ママにゆっくりお風呂に入る時間や寝る時間をプレゼントしましょう。栄養のある食事を作ってあげるのもいいですね。

そうすることでママにグッと余裕が生まれ、笑顔が増え、家庭の温かさが増します。

育児中のパパやママ、みんながたくさん笑顔でいられますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。